News

お知らせ

「従業員の意識を変えたい」経営者がとるべきコミュニケーションは?

  • 2022.08.14
  • トレンド

このコンテンツでは、保険を扱う職業柄、幅広い業界や経営者とのつながりのある吉田が、その主観的視点から経営に役立つ情報や経済を解説します。

・………・………・………・………・………・

社会の変化とともに、これまでのやり方では通用しない場面が増えました。

多くの経営者が、「このままではいけない」と危機感を持っています。

ただその危機意識を従業員と共有できるかは、経営者の姿勢と普段からの関係性
が問われます。

そこで今回は従業員に意識改革を求める際、経営者はどう行動すべきかを考えてみました。

今後の安定した経営のために、社員の意識を変えたい

先日ある製造業の経営者から、「どうすれば従業員が自分の求めていることを理解し、行動を変えてくれるかわからない」と相談を受けました。

その会社は以前からのお客様との取引が多く、現在のところ経営状況は安定しているものの、業界的には今後攻めの姿勢が必要になってくるとのこと。

従業員からも新しい製品や効率アップに向けた提案が出るような会社にしなければ生き残りは難しくなってくるけれど、与えられた指示に従うことが常習化しており、前向きな姿勢が見られないといいます。

月に1回は外部から指導者を招き、意識改革のための講習を実施しているけれど、自発的な行動は見られないとも。

ただ2代目であるその経営者は、先代のころから長く同じ状況に慣れてきた従業員に対し、踏み込んだ指導が難しいと感じているようです。

普段から十分なコミュニケーションが取れていないことも伝わってきました。

経営者は「経営側と現場をつなぐ専門家や人材がもっと必要なのではないか」とも考えている様子。

ただ私は専門家や人材の投入以前に、経営者自身にできることがあると感じました。

従業員には変わらなければいけない理由がない

この経営者が訴えている、「社会の変化に合わせられる会社にならなければ、従業員に今と同じ給料を払い続けることは難しくなるし、会社も継続できなくなる」という危機感は間違っていません。

ただ今のやり方では、経営者が自分の不安を従業員に押しつけているだけとしか受け取られません。
そこで外部からの評価を聞いてみると、「この会社の従業員は温厚で真面目な人が多い」とのこと。

先代のやり方だったトップダウンに従い、高い技術力でよい製品を作ってきたことが伺えます。

現在の経営が安定しているのもそのためでしょう。

2代目の経営者が求めている意識改革は、従業員にとっては「今まで通り高い成果を上げているのに、急に新しいことを押しつけられた」状態。

給料は変わらないのに通常業務にプラスして講習まで受けさせられ、余計な仕事を押しつけられた気分ではないでしょうか。

訴えていることは理解できなくもないけれど、高い意識を持った2代目が「お前たちもここまで上がってこい」と言っているわけです。

これでは絶対共感は得られません。

必要なのは従業員と同じ目線に立ち、共に考える姿勢

この話を聞いて私は、この経営者に必要なのは従業員の立場まで下りて行き、同じ目線で課題に取り組むことだと感じました。

そもそもこの経営者は、「なぜ従業員の意識が変わらないのか」を根本的に考えたことがあるでしょうか。

たとえば学校の成績が悪い子どもがいるとします。

現状からいえば、この経営者はその子に「塾へ行って勉強しろ」と言っているのと同じです。

もしかしたら彼は漢字が読めていないのかもしれませんし、長い時間座っていることができないのかもしれません。

原因がそうであるなら塾へ行かせるのではなく、音声で学習したり、体を動かしながら英単語を覚えるといった学習方法の工夫をすることが必要なのであって、学習内容がより難しい塾へ行かせても問題は解決しません。

何が原因でどんな方法でなら成績を上げられるのかを、子どもと一緒に考えることが必要なのです。

この経営者も同じです。

専門家を頼ったり、誰かにつなぎ役を頼むことでは問題は解決しません。

「何をすれば今よりもっと会社は良くなるか」を従業員と一緒に考えるべきなのです。

目線を合わせ、あいさつをすることから変わっていく

そうはいっても何かを一緒に考えるには話ができる関係性が必要で、この経営者と従業員の間にはそれが感じられません。

そこで私はこの経営者に、まず毎朝ひとり一人にあいさつをすることを勧めました。

経営者は「今までしていないのに、急にそんなことをしても不審がられるだけだ」といいましたが、それでかまいません。

1週間続ければ誰か一人はあいさつを返すようになるでしょうし、続けていると従業員に「社長が今までと違う」という気持ちが芽生えます。

声をかけることに慣れたら、目を合わせます。

目を合わせてあいさつをすると、「今日は元気がなさそうだから、大丈夫か?と声をかけよう」とか「集中しているようだからほうっておこう」といった相手の様子に合わせた行動ができるようになります。

従業員も同じ。

「今日は社長が忙しそうだから込み入った話は今度にしよう」とか、「今日は時間がありそうだから休みのことを相談してみよう」といった気持ちになる。

それが積み重なれば、みんなで昼食をとっても話題に困ることはないし、年に1度くらいは忘年会をしようといった雰囲気にもなるわけです。

「会社を変えていきたい」という思いに共感が得られるのは、その信頼関係ができてから。

会社や従業員を変えたいなら、まず自分が変わる必要があるのです。

・………・………・………・………・………・

サンハアトは岡山市を中心に
個人・法人のお客さまの「万が一」を守る保険会社です。

お客さまが安心して日々の暮らしを楽しみ、
経営に邁進できる環境を整えるためのサポートを行っています。

 

 

Share この記事をシェアする

ご予約・お問い合わせはこちら

少しでも気になることがございましたら、
お気軽にご予約・ご相談ください。
またご意見・ご質問等も承っております。
お問い合わせフォーム、またはお電話でお問い合わせください。