News

お知らせ

経営や業務が行きづまったときは、行動を起こして状況を打破する!

  • 2022.05.14
  • ブログ

このコンテンツでは保険を扱う職業柄、幅広い業界や経営者とのつながりのある吉田が、その主観的視点から経営に役立つ情報や経済を解説します。

・………・………・………・………・………・………・………・………・

知人の経営者が、廃業するか否かで悩んでいます。

話を聞くと事業が立ち行かず、来月の支払いにも困っているとのこと。

そこで今回は、この経営者が何をするべきかを考えてみました。

経営者だけでなく、業務が立ち行かなくなって悩んでいる会社員の皆さんもぜひ考えてみてください。

迷ったときはまず他者の意見に従ってみる

私はよく経営相談を受けますが、悩んでいる人によくあるのが「悩んでいるだけ」で何もしていないというケース。

困難な状況に陥って悩んでいるのですが、1人で悩みと向き合っていても問題は解決しません。

問題は問題として置いておき、解決に向けた行動を起こすことが最優先。

ある程度方向性を決めたら、まずは行動して軌道修正しながら進むしか現状を打開する方法はありません。

「解決に向けた行動」については、あなたを知る身近な人や信頼できる誰かに、自分に足りていないものや何をすべきかを相談してみましょう。

悩みに陥って動きが取れなくなっている自分の頭脳ではなく、客観的にあなたの状況を判断できる誰かの頭脳を借りるのです。

問題が深刻で相談できないのであれば、あなたの悩みに応える書籍を読んでもかまいません。

まずは誰かに相談して、その人のアドバイスをそのまま行動に移してみましょう。

そうすれば何らかの変化が起き、それに対してさらなる策を打つという健全なスパイラルを取り戻すことができます。

失敗した人にアドバイスを求める価値はあるのか

この話をするとよく質問されるのが「誰にアドバイスをもらえばよいのか」ですが、私は基本的に相談するのは大人であれば誰でもいいと思っています。

「成功したいから成功経験がある人でなければいけない」と考える人もいますが、成功している人は自分のしていることに自信がありすぎて、相手の立場に立ちきれないこともあります。

反対に失敗した人は「なぜ失敗したか」について深く考えている人が多いもの。

あなたの現状と同じような分岐に立ったとき、間違った方向を選んで失敗した今があるなら、あなたは違う選択をすればよいのです。

最悪の事態を回避するために取ってはならない行動と、逆に取るべき行動」がはっきりしますね。

アドバイスをもらったら、騙されたと思って1週間言われたとおりに行動してみましょう。

行動をすれば「現状が全く変わらない」という状況は打破され、ささやかでも起こった変化によってモチベーションが上がったり、方向性が見えてきたりします。

ひとつでも行動を起こすことができたなら、「身動きできない」という最悪の状況は変えられていますね。

大切なのは誰にアドバイスをもらうかではなく、自分にはない発想をモチベーションとして何らかの行動を起こすことです。

そして私の経験上どれだけたくさんの人に相談しても、やり方が違うだけで周りの人が示してくれるゴールはひとつであることを次章でお伝えしたいと思います。

自分に足りないものと取るべき行動ははっきりしている

冒頭でお伝えした廃業に悩む経営者を例に挙げると、彼の周りにいる人は皆、口を揃えて「彼には感謝が足りない」と言っていました。

強いこだわりを持って仕事をしていましたが、従業員にもこだわりを押し付けてしまいクレームをつけることも多々。

「自分と同じくらいの成果を出さないと満足できない」と言い続けていました。

その結果従業員には「こんなに努力しているのに」という不満が募り、よい接客ができなくなり、お客様から選んでもらえなくなる負のスパイラルに陥っていました。

早い段階で従業員に感謝の気持ちを伝えていれば、「そんなに喜んでもらえるならもっと…」という前向きな気持ちが生まれ、お客様からは「そんなに一生懸命してくれるなら知り合いも紹介したい」という正のスパイラルが生まれていた可能性が高かったでしょう。

「良いサービスは自分にしか提供できない」と思い上がった結果、本人だけが忙しくなり、従業員は育たず、お客様とも関係を広げていけないという状況に陥りました。

経営を立て直すためのコンサルタントからは、「まずは会社の清掃をしなさい」とアドバイスされたとのこと。

「誰のおかげで今があるのかを見つめ直せ」という彼へのアドバイスは、身近な人でもプロのコンサルタントでも変わらないことがわかりますね。

恐らく彼は今回のことで「自分にできることとできないこと」に気づき、正しいやり方で他者に助けてもらいながら、自分に合った規模で事業を継続していくと思います。

最終局面で感謝の気持ちを育てるという行動を起こし、倒産という最悪の事態は回避したものの、「もう少し早く気づいていれば…」という声も聞こえてきそうですね。

行き詰ったらまず他者の声に耳を傾け行動を起こす。

悪い状況もそれだけで変えていけることを、ぜひ知っておいていただけたらと思います。

・………・………・………・………・………・………・………・………・

サンハアトは岡山市を中心に
個人・法人のお客さまの「万が一」を守る保険会社です。

お客さまが安心して日々の暮らしを楽しみ、
経営に邁進できる環境を整えるためのサポートを行っています。

 

 

Share この記事をシェアする

ご予約・お問い合わせはこちら

少しでも気になることがございましたら、
お気軽にご予約・ご相談ください。
またご意見・ご質問等も承っております。
お問い合わせフォーム、またはお電話でお問い合わせください。